合併と買収で生き延びろ!企業反映に役立つM&A

株式譲渡を利用して生き延びる

企業は必ずしも順風満帆で経営していけるわけではないです。ときには経営難に陥り倒産する危険性もあるので気をつけないといけません。こういう事態に出くわしたときに良いのがM&Aと言えるでしょう。M&Aは合併と買収の意味を持つ言葉で主にビジネスの分野で使われています。
広い意味だと企業提携も入るので検討してみるとよいです。具体的にどんなものがあるのかというと、株式譲渡は売却する側の会社の発行株を売る行為で会社の経営権を譲ります。基本的に株主が変化するだけで事業そのものに変化はない、売却される会社はそのまま存続するのが特徴です。主に中小企業で行われるやり取りで最もポピュラーなものとなっています。

事業譲渡も行うことができる

事業譲渡をすれば営業資産を買い手に売却する事ができるので必見です。たとえば、あまり上手くいっていない部門があるとそれを他の会社に売却可能なので大幅なコスト削減ができます。すべての事業を売却する事もできるので状況に応じて使い分けられるのが特徴です。
土地や建物だけでなく売掛金や在庫もまとめて譲渡できる、無形資産の営業権やノウハウまでもらえるので譲渡側に大きなメリットがあります。他の事業をもらった会社は初期投資をする必要がなく、すぐに事業を開始できるのが強みです。譲渡に比べると少し手続きが煩雑になりますが、その分買い手には多くのメリットがあるので必見と言えます。
事業拡大のためやリスク回避のためにぜひ活用してみるといいでしょう。

M&Aのメリットとして、後継者問題を解決できることが挙げられています。また、事業領域を拡大したい場合に最適です。