誰でも外国人観光客に役立つエリアガイド雑誌的なウェブサイトが作れる時代

外国人観光客にとって不便な点もまだ多い日本

近年、日本に旅行にやってくる外国人観光客が急激に増えています。しかし、急激な増加に対する対応が追い付かず、いくつかの面で不満な印象を持って帰国する人も多くいるという残念な事がニュースなどで判明しています。そのうち、観光地での無線LAN環境の提供や、交通面・買い物面でICカードでの支払える環境の整備という部分に関しては個人がどうにかできるものではありません。しかし、例えばそれぞれの地域に住む英語がよくわかる人が海外ユーザを対象にして英語にて自分の地域に関する旅行情報誌に近いサイトを作ることは可能です。そして、観光客が住む国にて、その地域の詳しいガイド本・雑誌が販売されていない場合は、電子書籍的な存在として外国人観光客にとっての事前の情報収集に大きく役立つ可能性があります。その中でも、このバス・電車はICカード対応、この場所は無線LAN対応、もしくは地元の人しか知らないグルメ・観光情報などは特に付加価値が高い情報と言えます。日本全国でご当地に住む英語に精通した人が外国人観光客向けのエリアガイドサイトを作成した場合、いい思い出が出来てまた日本に来てくれる外国人が増える可能性があります。そして、それが経済効果にも繋がるので、外国人観光客向けのエリアガイドサイトを作成することは非常に意義がある事と言えます。

モチベーションとして広告収入を利用する

ただ、単にボランティア的サイトとなると、多忙な場合には情報収集が面倒になってきてしまう可能性もあります。そんな場合は、サイトに外国からのアクセスに対して外国サイトの広告を表示してくれるクリック保証型広告で少し広告費を稼ぎ、アクセス数が上がると副収入が増える形をとるのがおすすめです。

多言語サイトとは、ブラウザの言語選択機能によって複数の言語表示に対応するように作成されたサイトです。