法人向けパソコンの特徴

法人向けパソコンは、労務管理や営業に関係する書類作成などの業務で使われることを想定して作られています。市販されている個人向けよりも同等もしくは、高いスペックに対して割安で販売され、消費電力も抑えられていることが特徴です。その一方で、搭載されているオペレーティングシステムが、流通されているバージョンより古い、アプリケーションが必要最低限といった違いもあります。選ぶ時には、業種に対応しているアプリケーションが十分に動作するかどうかに加えて、メンテナンスやサポートが充実しているという点が重視されます。

法人向けパソコンの購入について

法人向けパソコンを販売しているメーカーは、大手電機メーカーや外資の他、通信販売をメインとしている会社が代表的です。どのメーカーでも新品や中古品を一括購入する以外に、リースなどの手段が用意されています。数年単位で使うことを前提とする電子機械であるため、長期に使う場合の手段として、メーカーが力を入れているのがリース販売です。基本的に複数年契約となり、途中での契約解約が不可能な代わりに、業務で使うパソコンを選択可能、故障時の対応も個人で行えます。初期投資を抑えられ、会計処理も資産と経費の両方で計上できる反面、支払総額は他の手段と比較して多くなります。

法人パソコンのメンテナンス

法人向けパソコンの故障時のサポートについては、原則メーカーの担当者が会社まで出向いて修理を行うことが基本です。現地で修理できない場合は、代替品を用意できるメリットもありますが、出張費用も加算されるため、修理代金は高くなります。

ビジネスパソコンは、持ち運びのしやすいように軽量でコンパクトな物に目が行きがちですが、バッテリーの性能も大切です。移動中に長時間使えるように性能の良いものを選びましょう。