青色申告と白色申告の違いと青色申告の方法

青色申告と白色申告の違い

白色申告は簡単な帳簿付けだけで済むので複雑な帳簿付けが必要ありませんが、その代り青色申告で受けられる控除などを受けられません。白色申告は比較的収入が低くて、個人事業として開業していない人が選択する事が多い申告方法です。一方で青色申告は白色申告よりも複雑な帳簿付けが必要になりますが、特別控除や様々な特典を受けられて節税効果が高いメリットがあります。

青色申告では最大で65万円まで特別控除が受けられます。どのようなケースでも65万円の控除が受けられる訳ではありませんが、白色申告では受けられない特別控除が受けられるので同じ人が青色申告と白色申告で税務申告した場合を比較すると青色申告の方が税金の支払いが安くなります。

青色申告で申告するには

青色申告で税務申告するには事業を開始してから2か月以内に青色申告承認申請書という書類を税務署に提出しないといけません。これを提出していないとその年は白色申告で税務申告する事になるので、青色申告で税務申告する予定ならば確実に提出しておく必要があります。青色申告承認申請書と同時に提出する書類として青色事業専従者給与に関する届出書があるので税務署に一緒に提出します。

青色申告決算書には1月1日から同年の12月31日まで売上の金額と利益の金額がわかるようにまとめてそれを元にどのくらいの税金を支払うかを

税務署に申告します。日々の記録がないと書類を作れないので、事業の為の仕入れや発生した売り上げの記録をしっかり残しておく必要があります。青色申告決算書を作成した経験がない場合は税理士にサポートしてもらうのも一つの良い方法です。

青色申告は事前に開業届けを提出している、いわゆる事業主が節税のメリットを得るために申告する制度です。