自分を知ることが大切!適性検査の種類と最適な選び方

仕事の能力を見極める能力適性検査

一口に適性検査と大きく分けて2種類に分けられて、その一つが能力適性検査です。
この検査は、仕事における適性を見極めるのが目的になります。検査によって調べられるのは推理力や読解能力を調べる一般能力や仕事に必要な技術や知識の有無についての知識などです。
これらの検査によってその人がどういった職業に向いているか、希望する仕事への適性があるかを知ることができます。

職場への適応力を調べる目的の性格適性検査

適性検査の中には性格適性を調べる物もあります。これはその名の通りその人の性格について調べる検査です。能力適性が仕事についての適性だったのに対して、こちらは人間関係を含めたコミュニケーションを知ることができるのが特徴になります。
行なわれる検査は○や×といった二択で回答する質問法や、曖昧な質問にどう答えるかを調べる投影法などです。この検査によってその人の基本的な性格はもちろんのこと、仕事における意欲や独自性といった点を確認することができます。

適性検査を選ぶポイント

近年ではインターネットの需要の増加によってweb上でもこれらの検査を気軽に行なうことができます。とはいえ、適性検査はただ闇雲に受ければいいという物ではなく、自身が必要としている検査を選択することが重要です。
自分が就きたい職業がある程度決まっている人は、能力検査によってその仕事についての適性を調べることが必要になります。逆に全く決まっていない状態で自身の進む道に迷っている場合には、性格検査によって自分の向いている仕事を調べることで選択肢を絞っていくことが可能です。

適性検査とは、企業が新卒の学生などに対して課す就職試験の一つです。企業は、この検査を通じて自社にとって相応しい人間かどうか見極めます。